豊川アレルギーリウマチクリニック

ご予約・お問い合わせ
【予約優先】

TEL 0533-85-8484

FAX番号 0533-85-3131

受付時間 8:45~11:45 14:45~17:45
休 診 日 木曜・土曜午後、日曜、祝日

診療内容

  1. 豊川アレルギーリウマチクリニック
  2. 診療内容
  3. 一般内科

一般内科

風邪、胃腸炎、インフルエンザなどの急性疾患、生活習慣病、睡眠障害など慢性疾患、健診(検診)異常の精査を行います。

糖尿病

糖尿病はかなり進行するまではほとんど自覚症状がないため、いつ発症したのかわからないまま、健康診断でようやく発見されることがほとんどです。日々の生活習慣による影響が大きいため、一度診断されると、薬物治療なしにはなかなか治りにくい病気です。

当クリニックでは、お薬を使った治療はもちろんのこと、専門スタッフとともに、生活改善にも力を注いだアプローチをいたします。
健康診断で糖尿病を指摘された方、最近太ってきてメタボリック症候群が気になる方、急に痩せて来て糖尿病が悪くなったか心配な方など、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 管理栄養士による栄養指導(毎日行っています)
  • 運動療法のご提案(サロンにて運動療法を行います)
  • インスリン注射(インスリン療法)にも対応しています

参考サイト

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨質の低下で、骨折しやすくなる病気です。

骨粗鬆症になっても、痛みがないのが普通です。
しかし、つまづいたり、手をついたり、ちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
また「ボキッ」と折れるのではなく、もろくなった骨が崩れて、いつの間にか骨折しているということもあります。

骨粗鬆症の検査

自覚症状がない骨粗鬆症は、定期的な検査が大切です。
ステロイド剤を使っている方や、50歳を過ぎた方、閉経した方は、一度検査をしてみましょう。

骨密度は、専用の骨密度測定装置(デキサ)などで精確に測ることが大切です。
ただ、最近は専用の機械を使わずに、血液検査や尿検査でも、骨粗鬆症を調べることができます。(骨代謝マーカー)

当クリニックでは、デキサ法と血液検査を中心に、骨粗鬆症の診断をいたします。

骨粗鬆症の治療法

「病気が悪くならないようにするのが、精一杯だろう」と思っていませんか?
骨粗鬆症は、食事や運動も大切ですが、今は「骨の質を良くする」お薬が開発されています。

骨粗鬆症には、「骨の分解が早いタイプ」か、「骨を作るのが遅いタイプ」か、2つの病気のタイプがあります。
骨の分解が早いタイプは、骨を壊さないようにするお薬を使います。
骨を作るのが遅いタイプは、骨を作る働きを活発にするお薬を使います。
あなたのタイプにあったお薬を使うことで、骨質を改善することができます。

参考サイト

睡眠障害

睡眠障害には「不眠症」や「過眠症」などのタイプがあります。

その中でも罹患頻度の高い不眠症は、夜間不眠の訴えがあり、かつ、睡眠に関連して日中の眠気・だるさを伴う症状のことです。不眠の症状が生活や仕事に影響していると感じながら、不眠お悩みをあきらめたり、放置していませんか?
眠りの質の低下は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病との関連が指摘されています。

不眠の改善には、まずは生活習慣の見直しが必要です。今では治療の選択肢も広がっています。
お気軽にご相談下さい。

参考サイト

ご予約・お問い合わせ予約優先
TEL:0533-85-8484

診療時間
(受付時間)
9:00~12:00
(8:45~11:45)
15:00~18:00
(14:45~17:45)

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

〒441-0101 愛知県豊川市宿町野川10-5(Vドラッグ豊川南店横)

Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他