豊川アレルギーリウマチクリニック

ご予約・お問い合わせ
【予約優先】

TEL 0533-85-8484

FAX番号 0533-85-3131

電話受付 月~土  08:45~12:15
     月火水金 14:45~18:15

診療内容

  1. 豊川アレルギーリウマチクリニック
  2. 診療のご案内
  3. 膠原病リウマチ科

一般診療

膠原病リウマチ科

膠原病は、一つの病気を指すわけではありません。全身の皮膚や血管、内臓組織、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称です。本来、外敵から自分の身体を守るはずの免疫が、自分自身を攻撃してしまう「自己免疫疾患」と考えられています。

膠原病の治療

自己免疫疾患ということがわかっているので、身体を守る力(=免疫)を抑えるお薬を使った治療をします。自分を攻撃する力も弱まりますが、守る力も弱まってしまうため、さまざまな副作用に気をつけなければなりません。
そのバランスを取るのが、膠原病を治療する際に、いちばん大切なことです。

  • ステロイド剤

    ステロイド剤は、膠原病の治療薬の中で最も効果がある薬とされ、炎症を鎮める効果や免疫を抑制する効果があります。

     

  • 免疫抑制剤

    免疫抑制剤は、その名の通り、免疫を抑える薬です。異常になった免疫による症状を出現しにくくします。免疫が弱まるので、感染症が起こりやすくなります。

  • 生物学的製剤

    病気の中心となる分子をターゲットとした蛋白製剤。分子量が大きいため注射での投与となります。
    主な当院使用薬剤は、レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、ケブザラ、オレンシア、シムジア、ベンリスタ、コセンティクス、トルツ、ヌーカラ他

  • JAK阻害剤

    炎症細胞内のシグナル伝達に関与するヤヌスキナーゼという酵素を阻害することで病気の中心となる炎症を抑える薬。
    主な当院使用薬はゼルヤンツ、オルミエント他

     

     

他科連携/病診連携

膠原病は、病気そのものの特徴や治療の副作用として、さまざまな症状が現れます。
そのため必要に応じて、内分泌内科、整形外科、皮膚科、歯科、眼科などと適宜連携を取りながら、治療にあたります。

副作用例:

  • 糖尿病、高血圧、脂質異常症
  • 間質性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 皮膚炎や皮疹
  • 歯周炎、口内炎
  • 眼圧異常、白内障
  • 胃腸障害(下痢、便秘、吐き気)
  • 感染症

院長は、毎週木曜は豊川市民病院のリウマチ科に非常勤勤務しております。
病院との連携や専門的な検査・治療が必要なときは、病院での治療も可能ですのでご安心ください。

豊川市民病院:リウマチ科のページはこちら

参考サイト

ご予約・お問い合わせ予約優先
TEL:0533-85-8484

診察時間
(診察受付時間)
9:00~12:00
(8:45~11:45)
15:00~18:00
(14:45~17:45)

休診日:日曜、祝日
△… 一般診療は休診、メディカルサロンのみ
木曜日午後と土曜日午後は電話受付(診察受付)を行っておりません

〒441-0101 愛知県豊川市宿町野川10-5(Vドラッグ豊川南店横)

Calendar Loading

…休診 …一般診療 午後休診 …特別予防接種日